the adonis
「将来の夢は、音楽の教科書に載るような音楽なんです」(Vo. G. 小野優樹)
――まずは結成のきっかけから伺おうと思いますが、一番旧知なのは、どなたなんでしょうか?
小野優樹「ボーカル2人、僕と東ですね。昔やっていたバンドで対バンしまして。その時は違うバンドでボーカルをそれぞれやっていて、打ち上げでものすごく仲良くなっちゃったんですよ」
東成美「なっちゃった(笑)」
小野優樹「それからずっと、対バンなり打ち上げなりで親交はあったんですけど」

――それぞれのバンドの音楽性は近かったんですか?
東成美「全然違いまして。当時はポストコアなバンドやってまして、結構暗かった(笑)。もともとART-SCHOOLのコピーバンドをやっていて、そこからオリジナルに派生していったんですよ。小野は疾走系で王道のポップスに近いバンドをやっていて。ボーカル同士だったこともあって、一緒にバンドをやることは一生ないね、と当時は話してましたね(笑)」
小野優樹「僕はJ-POP生まれ、J-ROCK育ちみたいな感じだったので(笑)」
東成美「でも交流はずっとあって、打ち上げでいないと電話がかかってくるみたいな(笑)」

――それでも、一緒にバンドをやろうという発想はなかったんですね。
小野優樹「全くないですね。ギターふたりでバンドやるもんじゃないと思っていたので(笑)」

――その後、おふたりはどんな活動をしていたんですか?
東成美「僕は大学のサークルで幹部しながら、コピーバンドをやっていて。それが楽しくて。だから2年ぐらいはオリジナルをやっていなかったですね」
小野優樹「僕はバンドをやったりしつつ、弾き語りをひとりでやったりもしていて。ちょうど同世代が、がんばって名を上げつつあった頃だったんですけど、僕だけなんもできずにいたんですよ。ひとりでもステージに立っていないと置いて行かれると、その時は必死でした。それもあって、そろそろバンドやるかと」

――そうしてthe adonis結成にいたるわけですか?
小野優樹「実は最初は、突き抜けたコミックバンドをやったんですよ。僕らと同じ温度のおバカなベースとドラムがいて(笑)」
東成美「完全にネタものバンドだったんですけど」
小野優樹「尺の半分以上コントやっているみたいな。僕が曲を打ち込んできて、全員楽器置いて歌って踊ったり(笑)」
東成美「音楽を交えたお笑いでしたね」
小野優樹「身内間では爆受けだったんですけど、絶対に外に出ていけないバンドでしたね」
成田健太郎「僕は外から見てました。それを」
小野優樹「成田はサークルが一緒だったので、僕がやっていたバンドを以前から見ていたんですよ」
成田健太郎「後輩だったので、何度が見てましたね。当時の小野は先輩の権限をメチャクチャ使うから、あまり仲良くしたくなかったんですけど……(笑)」
小野優樹「今のはカットで(笑)」

――そうすると、the adonisとはだいぶタイプの違うバンドですよね。
小野優樹「そのバンドはネタものでもあったし、自然消滅した感じで。the adonisに関しては、東が仕事を始めるタイミングで始めたバンドなので、最初は遊び程度というか。仕事の支障にならないぐらいでできればいいかなっていうぐらいの、軽いテンションで組んだんですよ」

――始めからツインボーカルスタイルだったんですか?
小野優樹「ふたりともギターボーカルしかやったことがなかったし、歌しか歌えないというか(笑)。じゃあ、ふたりで歌うかと」
東成美「僕はメチャクチャはうまくないんですけど、歌うのは好きなので組んだ時点でやるしかないねと。お互いリードギターも弾くしかないねと。最初はスタジオを借りるのももったいないので、公園で合わせたんですよ」
小野優樹「東の自宅近くの公園にアコギ2つを持って行って」
東成美「ハモリの練習をするために行ったんですけど、これ、行けるんちゃう?と(笑)」
小野優樹「僕が東が持ってきた曲がメチャクチャいいじゃん、となって」
東成美「最初の時点で、それぞれの曲をバンドでやろうっていう発想はあったんですよ」

――今のバンドに繋がる手応えがあったんですね。それはスタジオでバンドで合わせても同じでした?
小野優樹「僕らふたりと成田、それと当時のサポートメンバーとで入って。僕がひとりで歌う曲もあれば、東がひとりで歌う曲もあって。しばらくやっていくうちに、この曲はふたりで歌うようにしようとなった曲も出てきたりしました。今でも手探りなんですけど、当時はそれこそ趣味でやっていたので、失敗したら失敗したでぐらいの気持ちでしたね」
東成美「最初は別々しかなかったんですけど、同じバンドアンサンブルでボーカルが違うって面白いかなと。それと単純に楽しいって手応えがあったんですよ。それって自分たちが一番いい状態で音楽できていることだと思うので」
小野優樹「お互い遊びなり趣味でも、最低限いいものを作りたいという思いはあったので、けっこう喧嘩もあったんですよ。東は変化球を取り入れていきたいんですけど、僕は王道を取りたいので」

――その後はどう活動していったのですか?
小野優樹「2012年の4月に結成して、そんなこんなで6月には初ライブ。翌年の2月には、1枚目のシングルを出してましたね」
成田健太郎「作り始めは、確か10月ぐらいだったと思う」
東成美「ライブハウスの方からの提案もあって、3ヶ月おきに出さないかと。そこで根を詰めて活動したので、いろいろ固まってきた感じもありますね」

――ベースの木田さんが加入したのは、まさに3ヶ月連続リリース中の頃ですよね。
小野優樹「ベーシストはずっとサポートでやっていたので、正式に入ったのは木田が初めてですね。なかなかベースが安定しなかったんでけど、2、3回やってもらって、いいじゃんと」
木田裕介「僕はthe adonisがよくやっていたライブハウスで、スタッフとして働いていたんですよ。だからスタッフ目線でずっと見てました。当時は、打ち上げに来る人たちだと思っていて。本当にお酒を飲むのが好きな人たちなんだなと(笑)」
小野優樹「the adonisの一番の長所は、全員ビールが好きってことです(笑)」

――その頃にはバンド活動が軌道に乗りだした感もあったんですか?
東成美「手応えがあるというよりは、ライブハウスの人がどんどん誘ってくれるようになって」
小野優樹「お客さんの反応のとかも、ライブを重ねる毎にいいと言ってもらえるようになって。舞い上がっちゃって、CD作っちゃったみたいな(笑)」
成田健太郎「それでTANK! the Auditionにも出て」
小野優樹「参加賞もらえればいいじゃないか、と思っていたんですけど」

――TANK! the Auditionへの参加は、バンドに自信が付いてきた頃でもあったんですね。
小野優樹「自主制作CDの反応が良かったので、確かに自信が付いてきた頃でしたね。最初は消去法でツインボーカルという感じだったんですけど、その頃には、これが売りになっていくだろうなと思うようになってました」
成田健太郎「だからオーディションは力試しみたいなところもあって」
小野優樹「そういう意味では無欲ですよね」
東成美「楽しくやろう、かつ後悔しないようにと」
小野優樹「だから、いい温度でライブができたんじゃないかと思います」

――そのTANK! the Auditionでグランプリを獲得。そしてTREASURE05Xのラグーナビーチ公演のステージに立つわけですね。
小野優樹「ラグーナの時は気合が入り過ぎて、一曲目の一フレーズ目で弦を切るっていう……(笑)。そこからはあまり平常心でライブできなかったですね。今でもその時のYouTubeの映像は見たくないですね(笑)」
東成美「力んじゃったかな(笑)」

――その後は初のアルバム「aufheben」の制作に入っていくわけですね。
木田裕介「曲を作らないということで、まずはスタジオに入ったり必死でやってましたね。ラグーナの反省もあってライブもたくさんしました。3日に一回ぐらいメンバーに会うような(笑)。ラグーナの後ぐらいから、アマチュアっぽい活動から抜けてきた感じはありましたよね」
東成美「みんな意識が変わったし周りの意識も変わったので、やらんと、と。動き方の意識が変わったと思います」
木田裕介「せっかくいい環境をもらったんだから、と」
東成美「バンドを始める時も、長く続けられるバンドをやろうという話をしていたんですよ。止まるつもりもなかったので、スイッチがさらに入った感じでしたね」

――ラグーナビーチ公演から約一年、2014年のTREASURE05Xはライブハウスではありましたが、ツインボーカルというバンドの武器が、より伝わりやすくなっていましたね。
木田裕介「特に今年のTREASURE05Xのライブは評判が良かったので、一年やってきて、成長したところを見せれたのかなと思いますね」
小野優樹「何をやるべきなのかは見えてきましたね。そのなかで今まで避けてきたことにも取り組んだり、もっとキャッチーなほうに寄り添ってみたりとか、いろいろ試しています」
成田健太郎「特にアルバムを制作をしていた昨年の冬に、大きく成長したと思います。それこそ僕は、ドラムセット一個一個の位置や出音にこだわるようにしたし。それまでは自分のやりたいように、叩きたいようにっていう感じだったんですけど」
木田裕介「楽曲としてクオリティとか、演奏技術そのものに対してはレコーディングで変わったと思いますね。ライブをこうして行きたいというカタチは、それこそ今年のTREASURE05Xで見えました」

――アルバム「aufheben」では、かなり幅広い楽曲に挑んでいますよね。
小野優樹「僕と東の作る曲だったら、何をやってもthe adonisっぽくなるかなというのがあるので、こういうのを目指していこうというよりは、何をやってもいいかなと思ってきてますね。激しいのもゆったりしたのも、変なのも王道も、なんでもやりたいんで。アルバムはバラエティに飛んだジャンルの曲が集まってるので、客観的に聴いても飽きないなとは思います」
木田裕介「次はフルアルバムを録りたいですね。まだまだいろんな曲をやりたいという思いは強いので」
東成美「活動的にはどんどんものを作っていきたいですね。見られ方としてはロックシーン、ライブハウスだけじゃなくて、もっと大衆的なところにも興味があります。ジャンルに絞るよりは、もっといろんな人に聴いてもらえるような楽曲を作りたいです」
小野優樹「ヒットチャートを目指すようなだいそれたことは言わないですけど、ずっとJ-POPを聴いて育ってきたので、大衆的なイメージのある曲を作りたいんですよね。将来の夢は、音楽の教科書に載るような音楽なんですよ。それって本当に普遍的なものだし。合唱になるような曲を残したいですね(笑)」