the unknown forecast
「まずは東海を背負うバンドを目指したい」 (Vo/Gt幡野友暉)
――まずは結成の経緯からお願いします。
岡村耕介(Gt)「僕が知り合いのバンドマンから幡野(Vo/Gt)の携帯番号を聞き出して、そこで連絡したのが彼との始まりです。それまでは全く赤の他人で。彼がある大会に出ていたんですが、高校一年でけっこう上まで進んでて、それが僕がよく行く楽器屋にレポートとして貼られていたんですよ。なにこいつ、すげぇじゃんと。その後、彼のバンドが高1の終わりに解散するって聞いて、これはチャンスだと思って連絡したのが始まりです」

――幡野さんのライブを見たことはあったんですか?
岡村「彼が軽音楽部でやってたコピ―バンド、9mm Parabellum Bulletのコピーバンドを見に行ったのが初対面だったんですけど。まあ、唖然でしたね。完全に自分の曲にしてまして。これはヤバイと。あんなに鳥肌が立ったコピーバンドは初めてでしたね」
幡野友暉(Vo/Gt)「そうやって岡村とバンドをやろうとなって、次に出たのがドラムがいないと。優太とは通学の駅が一緒だったんですけど、通学路で誘って(笑)」
伊藤優太(Dr)「僕は、彼と一緒の部活で他のメンバーとコピーバンドをずっとやってたんですよ。でもこのバンドに入るまでは、しっかりバンドをやろうという意識はあんまりなかったですね」

――始めた時に思い描いていた、バンドのイメージはあったんでしょうか。
岡村「特になかったですね。お互いが好きなアーティストを聞いたりしたぐらいで」
幡野「ただ夢中でした。最初は自分たちの曲を作るだけですごく楽しくて」
岡村「1曲目を作っている時に、すでにやりたいことがカタチになっている感じがすごくあって。2曲目を幡野が持ってきた時、これは絶対いけるわと思いましたね。それこそコード聞いただけで、これで高みを目指していくんだと思えて。本当に楽しかったですね」

――早い段階からオリジナル楽曲に取り組んだんですね。
幡野「俺が前にやっていたバンドで一番最後に作った曲が、その時のバンドには合わなくて。このバンドで一番最初に作った『雨』っていう曲なんですけど。それからはずっとオリジナルですね」

――結成当時から、今のバンドに近い雰囲気があったんでしょうか。
幡野「みんな当時から、プレースタイルもあんまり変わってなくて。それをずっと貫き通している感じですね。初めてライブをやった時、車道のCLUB STARっていうところなんですけど、店長さんがオリジナルがすごくいいねと言ってくれて。次のライブから、全部オリジナルでやるようになりました(笑)」

――初ライブは結成からどれぐらいの?タイミングで行ったんでしょう。
岡村「組んで2ヵ月、ドラムの優太が入ってから1ヵ月ですよ。僕が前やっていたバンドがあるんですけど、ライブが決まっているのに解散することになって。日程だけ抑えてあって、申し訳ない、この日ライブあるんだけど、と(笑)」
幡野「えー!聞いてねぇよと(笑)。でも、それがなかったから、あんなにがんばらなかったかもしれない」
岡村「今でもそういうところがあって。目標を決めて、レコーディングを決めて、そこに向けてがんばるみたいな」
幡野「とにかく走り続けてます(笑)」

――すごい状況での初ライブですが、その日のステージは覚えてますか?
岡村「コピーした曲は全然弾けてなくて」
幡野「オリジナルのほうが出来が良かったよね(笑)。コピーやっている時より、オリジナルのほうがいけるじゃんっていう手応えがあった」
岡村「コピー4曲やった後にオリジナルをやったんですけど、早くオリジナルにならないかなと思ってやってましたね。早く見せつけてやりたいと(笑)。幡野の歌を聞いて、これでバンドをやってくと決めたこともあったし、オリジナルをやりたかったんですよね」

――その後は順調にオリジナル曲を増やしていったんですか?
岡村「無料配布のCD用に、楽曲をレコーディングしたのもけっこう早かったですね。ただ、実は録音のちょっと前に当時のベースが失踪しまして(笑)」
幡野「エントリーしてた大会もあったんですけど、その一週間前で。ヤバイ、ベースがいないと。結局3人で出たんですよ。ステージでベース募集してますって言ったり(笑)。バンドがやりたい、ライブがしたい、オリジナル楽曲がやりたいっていう気持ちばっかりが先行して、ドタバタでしたね。ただ、オリジナルで出たんですけど賞をもらえて。すごく自信になりました」

――当初は当然名古屋市内でのライブが多かったと思いますが、初めて県外でライブをしたのはどのタイミングでしたか?
岡村「高校3年生の12月に」
幡野「近鉄バスで(笑)」
岡村「遠足みたいな気分で(笑)。奈良の知り合いのバンドマンに呼んでもらったんですけど」
幡野「当時は県外でやることも考えられなかったんで、そこでやっと次のステップにいけた感じですね。何かが始まった感じがしましたね」

――その後、高校を卒業することになるわけですが、卒業後のバンドについてはどんな話をしましたか?
岡村「高校卒業したら、みんなで東京行くかっていう話はしましたね」
幡野「でも大学を卒業するまでに、まず名古屋で天下をとろうと。辞めようという選択肢はなかったですね。高校の時はバンドが楽しすぎて、高校行く意味がわからなくなっちゃって。若気の至りでいろんなところを旅したり(笑)」
岡村「高校で授業受けてたら幡野からメールが来て、これ岡村の中学校だよねという写真で(笑)」
幡野「授業やってる時間帯に(笑)」
岡村「なにやってんだ、こいつと(笑)」

――なにかをやりたいというエネルギーがすごかったんですね(笑)。卒業したらもっとバンドに打ち込んでいこうと、自然に方向性も定まったんですか?
幡野「新しい自分たちをもっと発見してーなーみたいな感じで。コンセプトがあってやっているバンドじゃないんで、生き様を見せるとかっていうよりは、自分たちの曲を自分たちが好きなように作って、それを自由に聴いてほしいなと思っていて。その頃には友だちとかだけじゃなくて、ライブに知らない人も増えてきて嬉しかったんですよね」

――大学に入りバンドは次のステージへと移ります。名古屋のライブハウスでその名を聞くことも増えました。
幡野「時間が増えましたからね」
岡村「あと車の免許も取れたので、県外とかにもライブに行けるようになって。高校の時ってずっと名古屋でやってましたから」

――現在のメンバーが揃うのもこの時期ですよね。
幡野「大学入ってすぐですね」
岡村「高校3年生の頃に、ベースの細川がその時やっていたバンドと対バンして。見たらすげぇうまくて。いつかやりたいなというぐらいに思っていたら、たまたま共通の知り合いがいて遊んでいたりはしてたんですよ。その時の冗談でなにかあったら弾いてよ、という話はしてました」
細川雅弘(Ba)「ただその時僕がやっていたバンドって、全然ジャンルが違うんですよ。その時はボーカルがアコギを弾きながら歌う歌もので」
岡村「ちょうどうちのベースが抜けた時に、彼のバンドも解散が決まって。彼に話を聞くと、中学校の時の友だちとバンドを組もうと思ってて、曲も俺が作ることになるかなとか言っていて。これは取られたらヤバイと(笑)」
細川「曲なんか作ったことなかったんだけど(笑)」
岡村「こんな才能があるやつを埋もれさすわけにはいかないと。それで幡野にも話して」
幡野「初めて対バンした時彼は茶髪で、けっこうヤンキーチックだったんですよ。最初は怖い、バンドが支配されるんじゃないかと思いましたけど(笑)。実際はムードメーカーでした」
細川「アンノウンのことは、同い年でやばいバンドがいるなとずっと思ってて。閃光ライオットに出てたじゃないですか。そのちょっと前にyoutubeで『奴隷』っていう曲を見たんですけど、こんな重い歌を高校生で書いているヤツいるのかと(笑)」
岡村「『奴隷』だもんね(笑)」
細川「入って初ライブが去年のSAKAE SP-RINGだったんです。スタジオに入って練習してけっこういけるかなと思ってたんですよ。いざ初ライブになってみると入場規制かかってて(笑)。俺、こんな人入ってるところでライブやったことないわと。けっこうミスも多くて凹んだんですよ」
岡村「お客さんもどんなバンドなんだ、って感じで怖かったしね(笑)。それに比べると、今年のSAKAE SP-RINGはすごく楽しんでくれる人が多くてよかったですね」

――その頃にはバンドの意識も、プロを目指す方向に向かっていたんですか。
岡村「高校卒業ぐらいですね。意識は変わりました。それこそ卒業までは趣味でやっていた部分も強かった。大学に入ってからは、仕事としてということも意識してやるようになりましたね。お手伝いしてくれる人も増えたりして」
幡野「僕らもライブ力を上げて、お客さんを増やしていこうとなって。お手伝いしてくれる人が現れたりもして、それに応えたいなと思ったし。メンバーチェンジをしたのも、それが?大きかったりもしました」
岡村「メンバーとそういう話をよくしたりするようになったのも、その頃ですね」
幡野「当然もっと聞いてほしいとも思っているし、広がるのが怖いから辞めるという気持ちにもならなかったし、聴き手も意識するようになりました。それまでは自分から溢れ出るものをとにかく出すだけでした。特に今回リリースした『オークション』は、聴き手もすごく意識していると思います」

――「オークション」は、the unknown forecastの持つ振り幅が表現されたミニアルバムですよね。
岡村「いろんな面を見せられたらいいな、というのはありました」
幡野「こういうバンドですって、あんまり限定されたくなくて。声の使い方もこの一年でずいぶん考えました。曲は勢いの直感で書いて、歌詞はなるべく考えて書くようにしています。まわりにはないものを作ろうと思ってて。普段からくだらないことからもおもろしいものを見つけたり、そこが音楽に活かせなくても自分が変わったらいいなと思っています」

――まわりにないものを作りたい、というのは将来的なバンド像でもあるんですか?
幡野「自分たちにしかできないことをやりたいと思ってて。今でもやっているつもりなんですけど、もっと飛び抜けたいですね。届かない場所へ行きたいですね」
岡村「道を作りたいですね。幡野はMr.Childrenがすごく好きなんですけど、彼らも道を作ってきた存在で、そんな新しい道を作れればいいなと思いますね」
幡野「よく話すんですけど、僕たちのコピーバンドをしてもらえるような、そんな存在になりたいですね」
岡村「高校生が曲を取り合うようなね」
幡野「せっかくやってるんだから、自分のためだけのものじゃなくて、音楽ってやっぱり人に伝えるためにやると思うし。自分にしかわからないものやってますって、僕はダサいと思うんですよ。やっぱりみんなで歌ってほしいし」

――とても楽曲重視の姿勢だと思うんですが、バンドであることへのこだわりも強いのでしょうか。
幡野「ひとりだと限度があると思うんですよね。バンドは拡声器だと思っていて。俺が作ったものを、4人でどれだけ大きくできるか考えてて、そのためにはもっと大きな声を出せる存在にならないといけないと思うんですよ」

――今現在のバンドの目標はありますか?
幡野「今年は、これが俺たちだっていう曲を作りたいなと思うんですよね。誰もが代表曲だとあげてくれるような、そういう曲を一曲作り上げたいですね」
岡村「今、大阪のバンドシーンってすごく強いじゃないですか。KANA-BOONとかScenarioartとか。名古屋で今こいつらだって、全国的に言える人って少ないと思うんですよ。そこになりたいなって思ってます」
幡野友暉「時間の問題だと自分たちでは思ってるんですけど(笑)。東海で一番になれば、全国でも一番になれると思うし、まずは東海を背負うバンドを目指したいですね」