RED BOOTS FACTORY
「名古屋にRED BOOTS FACTORYあり、そういう状況を作りたい」 (Vo./Gt平野翔太)
――月並みですが、まずは結成の経緯からお願いします。
平野翔太(Vo./Gt)「もともと4人とも学校が一緒だったんですよ」
福永陽哉(Ba)「音楽系の専門学校だったんですけど」
平野翔「卒業と同時に組んだんですよ。それまでは個々で、それなりに活動していたんですけど。卒業してひとつ目標がなくなるじゃないですか。そこからメジャーデビューするっていう新しい目標に向かって、この4人が集まった感じですね」

――在学中に今のメンバーでバンドを組んでいた経験はなかったんですか?
福永「全くなかったですね。もともと翔太はギターをやっていて、歌はやっていなかったんですよ。ジャズに重きを置く感じで。中学校でジェフ・ベックにはまるっていう(笑)」
平野翔「(笑)。がんがんジャズギターで営業のライブをやっていたぐらいなんで。歌とは無縁でした」

――他の3人はそれぞれでバンドをやっていたでしょうか?
福永「やってましたね。僕はミクスチャーみたいな音楽性のバンドでした。ベースも下のほうで弾く感じ(笑)。狭い学校なので、他のメンバーも顔はよく見てましたけど」
平野慎太郎 (Gt)「僕はジャズの営業ライブを、平野と一緒にやったことがありますね。今のバンドとは全然関係ないんですけど(笑)。クリスマスにホテルのロビーで」
福永「それを俺は普通に見に行くという。暇だったんでしょうね、クリスマスが(笑)」
平野慎「ドラムの上ヱ地は上ヱ地で、もう一組として出ていたんですけど。カホン叩いてましたね」

――各々が音楽活動をするなか、福永さんが平野さんの歌に注目したきっかけはあったんですか?
福永「学校が主催するライブがあって、彼がアコギの弾き語りで歌っていて。それを見た時に、こいつはいけると、直感でですけど思って。そこでアプローチをかけたんですよ」
平野翔「その時は遊びの気持ちで、歌いたい曲を歌ったんですよ。それが人前でちゃんと歌った初めての体験でしたね。楽しい思い出を作りたいなという、軽い気持ちでしたけど(笑)」

――そうすると結成の第一声は福永さんが?
福永「自分の勘を信じましたね。ちょうど、僕もやっていたバンドから脱退したりしていたし」
平野翔「実は僕はジャズの道に行こうと一回決心していたんですけど、陽哉から一緒に目指しませんかと言われて。一生に一回の賭けかもしれないけど、と腹くくった感じですね。ちょうど歌う楽しさに目覚めはじめた時でもあったんですよ。俺、行けるんじゃないかと一番勘違いしていた時期でもあって(笑)。そっからはポンポンとメンバーも揃った感じでした」
福永「それまで来ていた営業のライブも全部断ったもんね」

――福永さんと平野さんは、それまでやっていた音楽ジャンルはかなり違いますが、それでも惹きつけられるものがあったんですね。
福永「ジャンル関係なしに、持っている雰囲気だったりとかオーラだったりとかが、もともと違うなとは思っていたんですよ。ステージ上で見た時に、これは行けると僕の勘が働きましたね。歌声もそうですし、平野翔太っていう人間が総合的にいいなと思ったんですよ。人を惹きつける魅力があるというか。センターにいる人間って、ある程度強さがないと駄目だと思うんですけど、この人なら大丈夫かなと。なかなかいないですから、そういう人って。今は一緒にやっててわからない部分もあるんですけど、その時はそう思いましたね。とりあえずバンドどうこうや音楽性よりも、こいつとやろうと」

――初めてスタジオに入った時のことは覚えていますか。
平野翔「最初はみんな教科書みたいな感じでした(笑)」
平野慎「そうだね(笑)」
平野翔「学校行ってたから良し悪しなんですけど、いい子ちゃんな演奏でした(笑)」
福永「最初は、ビジョンとかも特になかったかなぁ。翔太とやっていればなんとかなるかな、と思ってましたね。とりあえずやるか、みたいな(笑)」
平野翔「いわゆるロックバンドみたいなものに関しては、わからないことばっかりだったんですよ。それにうちのメンバーって、好きなジャンルや得意なジャンルが全然違うんですよ。ジャズだったり、ブルースだったり、ラテンだったり、激しいロックだったり。だから本当にわからないことだらけで(笑)」

――そうすると最初に取り込んだのは、誰かのコピーとかではなかったんですか?
福永「いきなりオリジナルでしたね。1stシングルの『answer』って曲があるんですけど、ギリギリ大学在学中にあった曲なんですよ。まだバンドも決まっていない状態で、翔太が教室で弾いていたんですけど」
平野翔「最初は誰かに売ろうと思っていたんですけど(笑)」
福永「(笑)」
平野翔「自信はありましたけどね」
福永「それを聴いて、めっちゃくちゃカッコイイじゃん、こいつと。まだギター一本だったんですけど、聴いた時はゾクゾクしましたね。そういうのがあったので、ビジョンとかはなかったんですよ。こいつに任せておけば引っ張ってくれるだろうと(笑)。もちろんそれだけでは駄目だったんですけど」
平野翔「この曲で、その後メディアに出ることが決まったりもしたので、『answer』がなければ今の俺らはないですね」

――活動初期から、かなり手応えを感じながらの活動だったんですね。
福永「結成して初めてのちゃんとしたライブが、『尾張名古屋バンド決戦』というオーディションだったんですけど、『answer』で出たんですよ。結成して本当にすぐ、それこそ右も左もわからない状態だったんですが。その時に賞をもらえたんですよ。それはすごく行けるっていう気にはなりましたね」
平野慎「あの2曲のステージのために、めちゃくちゃスタジオに入った記憶があります(笑)」
福永「翔太と俺は変な自信がありましたね。なんの根拠もないんだけど『俺ら、デビューできるっしょ』みたいな(笑)。それだけでやってきましたね、今にして思えば」
平野翔「最初の半年間はトントン拍子というか、恵まれていたと思いますね。オーディションだったり、メディアだったりから、いろんな評価をいただいたんで。そこから調子に乗り始めた感じですね(笑)。このままいけんじゃねぇかと。結果がでないと、安心できなかったと思う。その後は賞を取ったりメディアに取り上げられることと比例して、ライブも増えていった感じです。曲も月2、3曲とか、どんどん作っていきました」
福永「初めての一年だったので、まずは俺たちのことを知ってもらおうっていう活動でした。たくさんあるなかから曲を厳選して伝えたいことだったりをピックアップして、一枚のアルバムなり曲にすれば、一番僕らのことを提示できるのかなっていうところから、音源も作っていきました」

――まだ結成2年目ですが、最近は名古屋だけでなく、東京含め他地方でのライブも増えつつありますね。
平野翔「今年8月に『HARMONY?』っていうアルバムを出して初めてツアーに出たんですよ」
福永「ノーマークというわけではなかったんですけど、それまではちょこちょことライブしていたぐらいで。ガッツリと県外ツアーを回ったのは、そこからですね」

――『HARMONY?』はそうした活動の広がりだけでなく、バンドサウンドもひとつカタチになった感があります。
平野翔「いろいろわかってきたのはありますね。歌を歌うことの楽しさだったり辛さ、ボーカリストとして責任だったり役割が、このアルバムの制作まででやっとわかってきたというか。また新しい自分に会えたかなっていう、いいきっかけをくれた作品になったと思います」

――ポピュラリティのようなものも、とても意識しているサウンドに感じました。
平野翔「1人に伝わるより100人に伝わったほうがいいし、そういう意味では音楽性自体が、みんな変わったんだと思います。昔は売れる売れない、届く届かない関係なく、自分たちがやりたいことをやっていこうぜという感じでしたけど。今は1人でも多くの人に、それこそ普段音楽を聴かないような人にも、俺たちのことを知ってほしいですね」

――そう考えるようになったきっかけはなんだったですか?
平野翔「やっぱり学校へ行ったことですかね。テクニカルな速弾きだったり、音楽理論でガチガチに固めた楽曲だったりを聴いていると、音楽を知らない人には伝わらないんじゃないか、と思うこともあって。それに気づいた感じですね」

――さきほどそれぞれのルーツも聞きましたが、確かにRED BOOTS FACTORYのサウンドはそのどれとも違う音ですね。
福永「翔太が歌った曲を翔太が歌って、俺らがアレンジすればカッコイイだろうと、最初はそれだけでしたからね(笑)」
平野翔「でもそれが今考えると、うちのウリになったのかな。幅広いというか。それゆえの苦悩ももちろんあったんですけど」
福永「誰にも答えはわからないので、やりたい音楽性があるバンドでは、絶対に悩まないところで悩んだりすることも多いんですが(笑)。それでもジャンルは意識しないですね。あくまでRED BOOTS FACTORYとしてどんな音が出すかが大事で。みんなの個性を消すのではなく、うまく翔太の曲に当てられたら、俺らが俺らである意味があるのかなっていうのはありますね」

――今後の展望についても聞かせてください。
平野翔「まずは名古屋にRED BOOTS FACTORYありみたいな、そういう状況を作りたいですね」

――今年は「TANK! the AUDITION 2013 」にも出場し、特別賞を受賞しましたよね。
「去年も出場して、残念な結果だったので今年こそと、気合入っていたんですけど。なので、優勝じゃなくてちょっと悔しかったです(笑)。来年は3度目の正直で」

――今後は全国的な視野での活動も増えてきそうですね・
福永「もちろんいずれは全国区でとは考えてますけど、まずは名古屋で地盤を作って、帰ってくる場所を作らないと、というのはありますね。来年ワンマンライブがあるんですけど、それが終わったらそういう動きも出てくると思います」
平野「今は来年のワンマンを成功させることしか考えてないですね」