ポタリ
「愛知と言えばポタリというのを、まず根付かせたいのはあります」(Vo. 鈴木奈津美)
――豊橋市を拠点に活動を続けるポタリですが、まずは結成の経緯から聞かせてください。

鈴木奈津美(Vo)「何度もメンバーチェンジがあって、今の編成に落ち着いた感じですね。このバンドができた一番最初のきっかけは、高校生の頃に私の友だちが回したチェーンメールなんですよ。クラスどころか、みんな学校も違ったんですが、『ガールズバンドやろうぜ』みたいな内容のメールがそれぞれのところに回って。それでまず集まってきたのが、ギターの詠美ですね」

――中西さんは、その時はバンド経験はあったんですか?

中西詠美(Gt)「私はゼロです。そこから始めた感じで。文化祭にバンドで出てみたかったんですけど、本気でバンドをやりたいという人が当時は回りにいなくて。チェーンメールを見てこれはやってみたいと」

鈴木「私も、中学生の時に学園祭でバンドを組んだぐらいでした。もともとライブをすごく見に行っていたタイプじゃなくて、友だちに誘われてバンドを始めたんですよ。学園祭で一曲やるために練習して、実は当時はギターボーカルやっていました。もう今は弾けないんですけど(笑)。『タッチ タッチ ここにタッチ・・・・・・』とか歌ってました(笑)。あとは『学園天国』とか」

中西「その頃からちょっと古いんだね(笑)」

鈴木「そう、古いのがすごく好きなんです(笑)。その頃からすごく意識していたのは、聴いてくれる人が絶対知っている曲をやりたいっていうことだったんですよ。お母さんから同世代までが絶対知っている曲をやる、それで盛り上がるのが目標だったんです」

――同世代で、そうした選曲しているバンドは少なかったんじゃないですか?(笑)

鈴木「そうですねぇ(笑)。もっとコアな音楽をやったり、BUMP OF CHICKENさんとかRADWINPSさんとか、ASIAN KUNG-FU GENERATIONさんとかも多かったですね。私は世代感のない国民的な曲を(笑)。コール&レスポンスもちゃんと練習してやりました」

――本格的なバンド活動は、高校生になってからスタートしたのですか?

鈴木「高校に行くと、中学生の時のバンドは自然消滅したので、それでチェーンメールで結成した感じですね。今の前身バンドですね。そもそもチェーンメールを回したきっかけが、バンドメンバーが抜けちゃったんだけど、テレビのオーディションは受けちゃっているような状況だったんですよ。メンバーがどうしても早くほしいと」

――そうすると、初ライブはいきなりテレビの収録だったんですか?

鈴木「初ライブがテレビの収録だったので、すごく夢が見れて。それが今でもずっと続いているのはあると思う。夢を見れると続けられるというか」

――中学校の時はギターボーカルだったという話ですが、高校生からボーカル専属に?

鈴木「ずっとボーカルだけやりたかったんですよ。ギターはできれば持ちたくなくて。詠美が入ってきた時に、ギターがどうやらすごく弾けるらしいという噂があったんですよ。任せていいらしいと・・・・・・、そこからはボーカルですね」

中西「実は何も弾けなかったんですけど(笑)」

――当時はどんな音楽性だったんですか?

中西「当時はORANGE RANGEがみんな好きで、けっこうコピーしたよね」

鈴木「でもORANGE RANGEの曲って、全然女の子がやる感じじゃなくて(笑)。当時はGO!GO!7188とか、チャットモンチーとかを女の子はやってたんだけど、なぜかMONGOL800とか、175Rとかをやってましたね。みんなが知っている曲を一生懸命やるっていうのは、その時からあったんですよ。みんなが知ってて盛り上がれるのが目標で」

――オリジナル曲には、その頃から取り組んでいんたんですか?

鈴木「私は中学2年生でバンドを組んだ時から、もう作ってました。当時披露はしてなかったんですけど、とにかく楽しくて。のんびりしたバラード調の曲を作って、大学の入試の面接でアコギを持って歌ったりもしました(笑)」

中西「だから私が入った時には、すでにオリジナル曲はありましたね。すごいなと思いました」

鈴木「でも、当時は曲もまだ足りないので、ORANGE RANGEと自分たちの曲を交ぜながら、どうやったら盛りあがるしか考えてなかったかも(笑)」

中西「当時からお祭り女な感じはあったよね(笑)」

――高校を卒業してからもバンドをやっていきたいという思いは、その頃からあったんですか?

鈴木「私と詠美はバンドを続けるために、いかに受験を切り抜けるかばかり考えてて。人生賭けてましたね。できるだけ早く受験を終えて、と。ライブも当時からメチャクチャやってました。土日はほとんどライブと、部活みたいな感じでしたね。楽しくて楽しくて。テスト週間とかも関係なくライブしてました(笑)。ライブハウスに勉強道具を持ち込んで、ライブが終わったらすぐ勉強してと(笑)。何をするにもバンドが中心の生活だったし、稼がないとバンドができないので、部活を辞めてバイトを始めたりとか。友だちと遊ぶよりも、バンドばっかりしてました」

中西「東京にも行ったりしたよね。鈍行で行ったんですけど、帰りの電車がなくなって(笑)。もう野宿しようかという話にもなったり。何も考えてなかったよね」

茄子川(Dr)「私はまだ加入前だったんですけど、地元ではすでに有名なガールズバンドでしたね。曲の作り方や構成がハチャメチャすぎるし、色んな意味ですごいと(笑)」

鈴木「ちゃんとした曲作りの勉強とかも全くせずの独学なので、とりあえずカタチにしてあったという感じで」

中西「何が正しいとかなかったよね。できたものが曲、みたいな。今もあんまりかわらないですけど(笑)」

茄子川「その頃のワンマンライブには、私はお客として行ってます。とにかく当時から勢いがすごかったんですよ。ちょうど豊橋にell.KNOTというライブハウスができた頃で、1ヵ月、地元のバンドマンがワンマンをするという企画があって。その時に一番多い動員を記録したのがポタリだったんですよ」

鈴木「本当に勢いだけはありました(笑)」

――ベースの内田さんとドラムの茄子川さんはまだ加入前ですが、それぞれバンド活動はしていたんですか?

内田愛子(Ba)「私はひとりだけ岡崎市に住んでいたんですけど、そこまでポタリの名前は聞こえてきてましたね。地元のライブハウスでバイトしていたんですけど、その時に来たこともあって。私は私で、高校生の時からバンド活動はやっていたんですけど、未来に繋がるような感じではなかったですね。けっこう上の年代の、社会人の人と組むことが多くて。遊びの感じも強かったですね。もちろん今の礎になっているとは思います」

茄子川「私もバンドをやっていました。もともと姉がライブの主催とかをやっていて、中学校の時からライブを見に行っていたんですよ。それで『私も楽器を弾きたい』とギターをやろうと思ったんですけど、姉にギターよりドラムのほうが需要あるよと言われて(笑)」

内田「ドラムのほうが絶対に向いてたよ」

中西「今日、スタジオで茄子川にギターをかけてみたんですけど、メチャクチャ似合わなくて(笑)。びっくりした」

茄子川「自分でも辛かったもん(笑)」

中西「でも、お姉さんの言うことはそのとおりだよね。私たちもドラマーが高校卒業で抜けて、ずっと探してたんですよ。男性のドラマーにサポートしてもらったりもしたんだけど、やっぱりガールズバンドがいいってことになって」

――それが茄子川さん加入のきっかけなんでしょうか。

茄子川「私は音楽の専門学校に入っていたんですけど、そこでポタリがドラムを探しているという話を聞いて。当時は今のメンバーとそれほど面識はなかったんですけど、前に在籍していたベーシストとはよく遊んだりしている仲だったので」

中西「私たちとしては、地元でドラムやっている人がいるなら入ってもらえばいいじゃんと。しかも当時のベースが知り合いなら安心だしと」

鈴木「入ってすぐPV撮影だったよね。そうしたら、茄子川がPVを撮る曲を間違えてドラムを覚えてきて(笑)」

茄子川「覚えながらの撮影でした(笑)」

鈴木「でもPVでは素敵スマイルを出してきてね」

中西「YouTubeでドラムの娘カワイイしかコメントに書かれないんですよ。いやいや、前に3人もいるからと(笑)」

鈴木「今でもライブの後にTwitter見ると、ドラムはやっぱりカワイイと(笑)」

――その後、内田愛子さんが加入して、現在のラインナップになったわけですね。

茄子川「愛子ちゃんは私の学校の後輩だったんですよ」

内田「インストでスタジオで合わせたことがあるんですけど、すごく楽しかったのは覚えてて」

茄子川「学校っていろんな人とできるんですけど、みんな特徴があるじゃないですか。そのなかでも、愛子ちゃんはやりやすいなと思っていたんですよ。上手いのにつまらないということもあるんだけど、愛子ちゃんはすごく楽しくて。一緒にバンドやってみたいなとは思っていたけど、口にはしなかった(笑)」

内田「ツンケンしているイメージでした、茄子川は(笑)」

――サポートとして加入して最初のライブが、昨年のTANK! the AUDITIONのステージだったんですよね。

中西「この4人の初ライブで優勝できたんですよね。私たちって、オーディションはだいたいいいところまで行くんですけど、優勝は全然できなくて。この時もどうせできないだろというつもりで受けてたんですけど、初めて優勝できたのがこの時のTANK! the AUDITIONだったんですよ。あの時は一緒にライブができたことだけで感動して、これからがんばってこうぐらいの気持ちだったんですよ。まさか優勝するなんて思ってなくて」

内田「でも、最初は正直迷ってましたね。だから私はサポートメンバーでと。その時は学校に通っていたこともあって、全然違うジャンルのバンドもたくさん組んでて。ひとつに縛られるのは嫌だと思っていたんですよ。専門学校の先生たちは、スタジオミュージシャン的な人が多かったりしたこともあって。もともと高校生の時は、ステージのバンドマンに憧れていたんですよ。ただバンドをやっていくなかで、自分はすごくやりたいのに自然消滅することも多くて、いいメンバーに出会える自信がだんだんなくなってきて(笑)。なら、それよりはまず自分一人でベーシストとしてやっていけるようにと。だから、一回バンドは諦めたんですよ。でも、将来絶対に音楽を続けたいのはあって、この先どうするの?と思うとやっぱりポタリしかなくて。そこで他のバンドは全部やめましたね」

――ここからは音楽性についても伺おうと思います。さきほど昔の音楽の話もしていましたが、同世代のバンドが持っている雰囲気とは少し違いますよね。

鈴木「好きなアーティスト誰ですかと言われると、絶対に尾崎豊って言っちゃうんですけど、そうすると打ち上げでもそこで話が終わって(笑)・・・・・・広がらないんですよ! わからない人が多くて。尾崎豊はもともと父親が大好きだったんです。最近は山口百恵ばっかり聴いていて、メンバーによく聴かせてます(笑)。ちょっと切なかったり哀愁があるメロディが好きで、古い音楽ってそういうものが多いじゃないですか。それは自分の曲にも入れたいなと思ってます」

中西「頼んでないのに歌い出します(笑)」

――そのあたりは結成から一貫していたんですか?

鈴木「迷った時期もあったんですよ。ずっとポップで明るいものをやってきたんですけど、一時期ちょっと影のある、ネガティブなものやアンダーグラウンドなものがカッコイイという風潮に地元のシーンがなって。後輩の男の子に舐められたりとかすることもあったりして、ポタリって何?あんな明るいの?みたいな(笑)。それでちょっとブレたんですけど、その時に地元のライブハウスの人とかが、ポタリのポップで明るいのがかっこいいんだぞと言ってくれて。そうすると、次第に舐めていた男の子たちもライブに来てくれるようになって。それで自信を持ったのはすごくあります。やっぱりうちらに暗いものは向いてないよね、と。今のほうがありのままな感じがします」

――ニューアルバム「コネクトピース」もまさにそんな作品ですね。

鈴木「この4人の初めての音源です。笑顔とか幸せをつなぐっていう意味でのタイトルなんで、歌詞も含めて全体的に楽しい曲が多いです。今まではポップな楽曲なのに歌詞は暗かったりする曲が多かったんですけど、今回は歌詞も明るい感じで。刺があるのがカッコイイと思っていたので、優しい言葉に変えるのがすごく難しかったんですよ。将来の夢を考えることが多い時期だったんですけど、もっとたくさんの人に聴いてもらって、いろんな人、老若男女愛してくれるようなものを作りたいと思った時に、ちょっとした刺が勘違いを起こしたりするともったいないなと。届けたいものはすごくストレートなのに、届かなかったらもったいないなと思って。たくさんの人が受け入れやすくて、わかってもらいやすい歌詞っていうのはこういうものかなと。みんなが笑顔でライブを楽しめたり聴けたり、というのをすごく意識しました」

――より突き抜けたポップ感になりましたよね。

鈴木「プロデューサーの江口(亮)さんが、ポタリの本質、このワイワイした感じをもっとうまく音楽で表現できるんじゃないか、というところでビシバシと話をしてくれて(笑)。ライブの感じもだいぶ変わってきています。自分たちの背伸びしていない感じが、すごく出ている気がしますね。ありのまま過ぎて、受け入れてもらえるかどうか不安ですけど(笑)。これが受け入れられなかったら、自分たち全否定ぐらいです。でも全力出した分、たくさんの人に聴いてもらいたいですね。良いと言ってもらえた時の喜びは、今までよりも強いかもしれない。みんなが良いって言ってくれることが嬉しい、ていうタイプなんですよ。サービス精神っていうか。独自の音楽を突き詰めたいメンバーはちゃんといるので、見てくれる人とバンドをつなぐことは任せなさい、と私は言えるようになりたいですね」

――初のツアーも決まりましたし、今年は全国的にも名前を広めていくことになりそうです。バンドとして具体的な目標はあったりしますか?

中西「武道館2デイズソールドアウトっていうのは、夢というか目標ですね」

鈴木「それと地元にお世話になってこことまできているので、やっぱり地元のバンドのして日本中に知られるように、愛知と言えばポタリというのを、まず根付かせたいのはありますね」