palitextdestroy
「インストは聴かないけど、パリテキは聴けるって言ってくれるお客さんもいて」(Dr.常見翔大)
――まずはバンド結成のきっかけから教えて下さい。
常見翔大(Dr)「僕らは全員、同じ大学の軽音楽部のOBでして。大学に居た頃は、3人で一緒にバンドを組んでたわけではなかったんですけど、僕と(河本)拓也さんは一緒にTHE BACK HORNのコピーバンドをしたりしていました」

――ちなみに大学はどちらだったんですか。
常見「南山大学でした。隣のアメ研っていうサークルにはcinema staffがいたりとかして。パリテキの場合は、卒業して1、2年経ってから、共通の友人の結婚式の2次会で、3人ばったり会って。他の友達は名古屋以外の場所に住んでいたけど、この3人は名古屋に残ってて、なんかやりましょうかという話になり。おのおの別のバンドを当時はやっていて、サイドプロジェクトのような形で、インストバンドをやってみましょうかということになって、最初は始めました」

――当時はそれぞれ、どんなバンドをやっていたんですか。
常見「僕は、いわゆるオルタナティブなギターロックバンドを。ちょっと激しいバンドをやっていて。誠人さんも、いろいろやってましたよね?」
伊藤誠人(Key)「いろんなバンドをやってて、インストバンドをやったり、歌もののバンドをやったり、もう訳わかんなかったですね、自分でやってても」
常見「キーボードだからいろんなバンドに呼ばれるんですよね」

――担当パートは今と変わらず? 
常見「そうですね。ギターの拓也さんはギターボーカルで、エモーショナルな感じのギターロックをやっていて。僕もギターロックでした。僕、インストファンみたいですけど、本当は……」
伊藤「インスト聴かないですから」
常見「そうですね。僕は昔からくるりが大好きで、大学の時はコピーバンドをやったり、あとはフジファブリックのコピーバンドもやってましたね。完全に歌ものギターロックがメインでした。しかも日本語のロック好きでしたね」
伊藤「僕は当時、椎名林檎さんとか東京事変さんとか、よくコピーしてた気がしますね」
常見「誠人さん、当時ドラマーでしたよね」
伊藤「レッチリ(Red Hot Chili Peppers)とかRage Against the Machineとか、コピーしたりしてました。ただ、小さい時にエレクトーンをやってたんですよね。キーボードに触れたのはそれがきっかけですね」

――結婚式の2次会で3人が再会したのは、卒業して何年くらいだったんですか。
常見「2年ぐらい経ってますね」

――その時はそれぞれバンドをやっていたんですよね。
常見「確かに、当時はメインでやってたバンドをがんばりたいっていうのはあったんですけど、palitextdestroyを結成して初めてのライブで、同じ大学の共通の友人を呼んで見てもらったら『お前らのどのメインのバンドよりも、こっちのほうがかっこいい』とショックなことを言われて」
伊藤「あれ?ってなって」

――それは全員一緒の感覚だったんですか?
伊藤「そうですね。パリテキとして一番最初にやったライブがそういうふうに言われて、僕もメインで他のバンドをやったりしてたんで『あれ、おかしいな』って。遊び半分でやってたバンドが、そんな評価になっちゃったんで」

――スタジオ練習の時から手応えはあったんですか? 
常見「大丈夫なのかなっていう。最初のスタジオから、みんなすごく大きい音でガーンと出すようなことをして、こんなに暴れて大丈夫なのだろうかって、実は密かに心配で(笑)」
伊藤「そうなんだ」

――こういう音楽をやろう、と決めてスタジオに入るのとはちょっと違ったんですね。
伊藤「それこそ、僕も含めてみんな歌もの好きだったんで、歌ものをやろうかって言ってるうちに、気がついたら、3人しかいないからとりあえずもうインストやるしかないよね、みたいになって。3人で楽器だけで演奏したら、楽しかったんです。楽しかったんで、ライブもやってみようかって話になっていって」
常見「最初はお遊びだから、結成してからライブをやるまで半年以上かかってます。ズルズル、ズルズルと」

――曲はどうしていたんですか?コピーなどは?
伊藤「セッションだったよね」
常見「そうです、今も結局そうなんですけれども、誰かが曲を持ってきたっていうのはほとんどなくて、スタジオで3人で遊んでいるうちに、適当にやってみたけど良かったから、ちょっと作り込もうかっていう話になって作っていくというのが多いですね」
常見「パリテキだと、やりたい放題しても、成り立ってしまうようなところがありますからね」
伊藤「遊んでたら曲できちゃったみたいな感じになってるんで、初めてのライブっていうのが不安っていうか、評価を気にしてなかったみたいな。そしたら意外と評判良かったっていう」

――ライブの時の実際の手応えみたいなものは、どうだったんですか。
伊藤「それなりにありましたね」
常見「ライブハウスの人からも、珍しく褒めていただいたりとか」
伊藤「おもしろいことやってるね、みたいにはなってきて」

――そのライブがあってからは、ちょっと活動の仕方も変化してきたんでしょうか。
常見「そうですね、少なくとも僕やギターの河本さんは、徐々にpalitextdestroyに、メインのバンドから成り代わっていき、というような。おっきなライブに誘っていただいたりとか、そういう機会が来ると、このバンドでいこうという気持ちになってきて」

――なるほど。ただ今の話だと、音楽性自体は当時からそんなに変わってないんですよね?
常見「変わってないと思います。3年4年あれば細かいことをやり始めたりとかはあるんですけど、曲の作り方は全然変わってないですし、何かおもしろいことをやってみようかって、ふざけ半分で、色々と重ねていくっていうようなのは変わらないですね。一貫してますね」

――結成して1年くらいでイベントに出たり、初期から活発に活動していた印象です。
常見「そうですね、ありがたいことに」
伊藤「河本が気がついたら、いろいろプロモーションをかけてて。ZIP-FMのフルカワユタカさんの番組内のコーナーで紹介してもらったりしたのがきっかけで、そっから徐々にバンドの意識みたいなものが変わってきた気がしますね」
伊藤「その春には念願のSAKAE SP-RINGにも出れて」
常見「その頃にはさすがに続けていかなきゃ、というか、いきたいなと思うようになって」
伊藤「どこまで行けるのか試したくなりましたね」
常見「インストというマニアックなジャンルではあったのに、これだけ喜んでもらえているから、どこまで行けるかなと考えるようにはなってきましたね」

――インストだから、という不安は当初はあったんですか?
常見「そうですね。ただ何故かは知らないですけど、僕らのバンド、ホントいろんなジャンルの人と共演をさせていただくというか。時には僕らが共演していいのかっていうような、歌モノでアコースティックな方たちばっかりのイベントに、僕らが入ったりすることもあって」
伊藤「あれはびっくりしたけどね。ライブが結構メチャクチャなんで、にぎやかし要員みたいな思われてるのかも(笑)」

――確かにあまりジャンル感を感じない音楽ですよね。
伊藤「僕らはポップスだって言ってるんですけど、いろんなのを混ぜちゃってるのでわかんないですよね」
常見「そもそもインストをやるっていう体で始めたものの、インストをやるために集まった3人ではなかったですからね。3人にどっぷりインストが好きっていう人はいないですし。もちろんtoeさんとかLITEさんとか好きなものはあるんですけど、プログレばっかり聴いてる、とかそういうのでは全然なくて。今でも歌もののギターロックばっかり聴いてますね」

――ただ歌ってはいないですけど、歌心ある曲ですよね、曲自体は。
伊藤「そう言ってもらえると嬉しいですね」
常見「J−popが三人とも共通して好きなので、曲を作ってる時も、インストなのに今のサビはとか、今のAメロはとか言いながら作ってますね。たまたま会った3人ですけど、聴いてる音楽はバックボーンに90年代ビジュアル系があったりとか、共通しているしその辺で話も合いますね」

――インストバンドを目指してやっていたら、こういうバランスにはならなかったでしょうね。
常見「まずベースがいませんしね。居れば居るのにこしたことはなかったけれど」
伊藤「ベースが見つからなかったっていうだけなんですけど、編成自体も珍しく見てもらえたんで。個人的にはちょっと葛藤はあるんですけどね。ベースがいたら、もっとやれることが増えるんじゃないのかって思ったりもしますけど」
常見「ベースがいない不利益は、誠人さんが被ってますからね。演奏をするパートが増えるというか」
伊藤「両手がめちゃめちゃ忙しいんですよね。そんなバンドは初めてだったんで、キーボードって味付けって言う要素が強いんで、今までそうやってお気楽にずっとやってたのが、急に右手も左手も忙しくなっちゃった、みたいな(笑)」

――ただ昔の曲と今の曲を聴くと、その辺りのバランスが見えてきてる感じはあると思うんですが。
常見「確かに昔よりも、曲としてのまとまりは、ちゃんと出来上がってきているのかもしれないですね。より歌ものに近くなったっていう」
伊藤「確かにそうですね。『ルイス』なんかも、さっきお話ししたAメロ、Bメロ、サビ、みたいな、そういう感じの曲ですよね」
常見「わかりにくい曲もあるとは思うんですけど、結局J−popが好きなんで、わかりやすい曲じゃないと聴けない、くらいの意識があるのかもしれないです。『ルイス』のようなわかりやすい曲を作りたいというのが、根底にあると思います」

――インストバンドをやっていくと、どうしても難しい方へ、テクニカルな方に行くことのが多いと思うのですが。
伊藤「僕らはそうならない確信がありますね。そんなにテクニックを追求してないっていうところがでかいですけどね。おのおの目指しているところはあると思うんですけど」
常見「やろうと思ってもできないというのも、あるかもしれないですね(笑)」
伊藤「出来ないからこそ、メロディーへのこだわりとか、そっちのほうに気が回ってるのかもしれないです。今回のアルバム『twilight』は、その意識がちょっと強まった気はしますね。それこそ初期に比べたら」
常見「よりピアノが歌えるように、曲自体もなってきたかもしれないですね。

――そこは重要なところなんですね。それぞれの楽器がちゃんと歌うというか。特にギターとピアノのバランスみたいなのは、結構キーですよね。
伊藤「そうですね。その辺は結構話し合ったりはしましたね。うん。昔はただただ大きい音を出してただけだったですけど」
常見「ふざけ半分で作っているなりに、緻密に色々とアレンジを決めて作り込んでいったのはありますね。今回のアルバムは、特に」

――バンドのひとつのカタチが見えた作品ではあるんでしょうか。
常見「ようやくやりたかったこと、ホントに満足のいくように出来たっていうのはありますね」
伊藤「それは確かにあるかもしれないですね。何より出し尽くしちゃった感がありますね。これまでの培ってきた経験の集大成は一回出しちゃったんで、次回大変だなってちょっと思ってますね」

――ライブについても伺おうと思いますが、動員も順調に伸びてきた印象はありますね。
伊藤「そうですね、オーディション関係の応募を河本がひたすら送りまくったから、今こうなってるってのはあるかもしれないですね。多くのお客さんに見てもらうきっかけって、どんどん作っていかないといけないんだなと身に染みて感じましたね」

――きっかけプラス、このバンドにはお客さんを惹きつける何かがあったと思うのですが、今までやってきたバンドとは明確な違いは何かありましたか?
常見「悪ふざけによる楽しさが、お客さんに伝わっているのかなって思いますね。結構ライブでもメチャクチャやったりすることが多いですし、楽しい日もあれば、ダメージを負ったりする日もあるんですけど」
伊藤「肉体的な話?」
常見「そう、肉体的な。骨折したりとか、キーボードのスタンドが折れたりとか(笑)。そういう時もあるんですけど、それらもひっくるめて、楽しくワイワイしている感じが伝わってるのかなって思います。僕が前にやっていたバンドって、それなりに激しめのパフォーマンスのつもりではあったんですけども、パリテキやってみて、ここまではやってないなとは思いました(笑)」
伊藤「もともと僕が結構暴れる人だったんで、それがだんだん伝染してる感は自分の中ではありましたね」
常見「拓也さんも暴れるタイプのギタリストだったから、相乗効果で互いに戦うみたいな、それはあるのかもしれないです」
伊藤「今まで自分がやってたバンドだと、僕しか暴れてなかったんですよ。パリテキはギターも暴れてたんで、やり始めた頃は何か楽しかったですね」

――名古屋を拠点に活動していますが、最近は他地方でのライブも増えていますね。
常見「いろんなところでライブやりたいなっていうのは常々あって。3人で、行く先々の居酒屋とかに行ったりするのも楽しくもあるんで。そういう意味でいろんなところには行きたいですね。3人とも酒好きなので(笑)」
伊藤「飲み仲間みたいな感じなんで」

――ツアーも含めて皆さんライブ好きそうですね。
伊藤「そうですね。僕は常に好きなほうだと思ってるんですけど、ギターの奴はよく怪我するんで、内心どう思ってるかは(笑)。大体終わった後はもうやりたくない、みたいな感じで。痛いよ~みたいな(笑)」

――スリーピースっていろんなバランスのバンドがいますけど、palitextdestroyも独特のバランスですね。
常見「まず、絶対的に立てるべきボーカルのような立ち位置の人がいないっちゃいないんで、3人おのおのが好きなように暴れられるというか、そういうのは楽しいですね。もちろん打ち合わせた上でですけど。3人がおのおのやりたい放題やっているので、アクが強いというか、そういうふうになるのかもしれないですね」

――地元シーンへの意識みたいなものってあったりしますか? 
伊藤「大好きなバンドがいっぱいいるんで、そういう意味でシーンとしてはもっと盛り上がりたいなっていうのはありますけどね」
常見「酒の席もそうなんですけど、みんなでワイワイできればっていうのがあって」
伊藤「すごいそれ推すね、今日(笑)」

――最初のセッションの感じのままってことですね。音楽性的にも、いろんなところに入っていけそうな感じはありますよね。歌がない分、いろんなところでやれそうな感じというか。
常見「逆に普段歌ものしか聴かなくて、インストは聴かないけどパリテキは聴けるって言ってくれるお客さんもいて、その辺もJ−popが好きなところが生かせてるのかなと思ったりしますね。他のインストバンドより受け口が広いのかもしれないです。3人ともわかりづらいのが苦手なんでしょうね」

――今後の活動で、なんとなくでも思い描いてるものはありますか?
常見「いろんなところでライブをして、いろんな地方のおいしいごはんを食べにいくために、ライブを重ねていきたいですね」
伊藤「あと真面目に言うと、せっかくアルバムを作ったんでね、広まっていくようにライブはしていきたいですね」
常見「ツアーも始まることですし、しばらくはいろんなところを回ろうかと思ってます」